英文法講義~大学受験・高校受験に使える(11)分詞

01 分詞

分詞には、形容詞に近い働きをするもので、現在分詞(doing:present participle)と過去分詞(done : past participle)という二種類の分詞がある。たとえば、speaking(現在分詞), spoken(過去分詞)といったように。そして、現在分詞は「能動(~する・している)、進行」の意味があり、過去分詞には「受動(~れる・られる)、完了」の意味があることを覚えておきましょう。わかりやすい例として以下の単語を挙げておきます。

the developing countries ⇒ 発展途上国

the developed countries ⇒ 先進国

the woman driving the car ⇒その車を運転している女性

また、fallen leaves「落ち葉」は完了の意味で過去分詞になっているので、覚えておきましょう

その意味を理解すると、現在分詞はbe 動詞とセットで進行形を作り、過去分詞は be 動詞とセットで受動態を作り、have とセットで完了形を作るということが本質的に理解出来ると思います。

He is speaking on the phone. (彼は電話で話し中です)

What languages are spoken in Singapore? (シンガポールでは何語を話しますか?)

We have finished the exam. (私たちは試験を終えた)

分詞の役割で最重要なのは、形容詞のカタマリを作って、(1)名詞を修飾する役割と、(2)補語の位置で使われて文の要素となる役割があります。とりわけ、日本人にとって馴染みづらいのは、名詞の後におかれて修飾する場合でしょう。通常は、the broken glass 「割れたグラス」のように名詞の前に修飾語として置かれますが、修飾語が複数になると、the glass broken by her 「彼女によって割られたグラス」というように、後ろに複数語おかれて、後ろから前の名詞に修飾されます。

a sleeping baby 寝ている赤ん坊

a baby sleeping in the cradle ゆりかごで寝ている赤ん坊

というケースですね。例文で言うと、

Who is the boy wearing a red shirt? (赤いシャツを着ている少年は誰ですか?)

I have to repair the shelf broken by Tom. (私はトムに壊された棚を修理しなければならない。)

Those pictures taken by him are beautiful. (彼によって撮られたそれらの写真は美しい。)

In 2011, Indians working overseas sent 58 billion U.S. dollaers back to India. (2011年に海外で働くインド人は、インドに580億ドルを送り返した)

In some European countries, such as Portugal, you still can come across people carrying things on their heads. (ポルトガルなどヨーロッパの国では、今でも物を頭に乗せて運んでいる人に出会うことがある)

Health officials announced here tonight that a man infected with SARS, a new respiratory disease, had flown out of  Hong Kong for Munich. (衛生当局は今夜当地で、SARSという新型肝炎に感染した一人の男性が香港からミュンヘンへ向かって飛び立ったと公表した)

このように、名詞を後ろから修飾しているパターンが少し日本人にとっては分かりづらいわけです。分詞、単独では前から修飾し、語句をともなう場合は後ろから修飾することを覚えておきましょう。このように、分詞は前後の名詞を修飾することができるわけです。

また、分詞は補語になります。具体的には、分詞は、第II文型 (SVC)、第V文型 (SVOC) の C( 補語 ) となります。例文で確認してみましょう。

I couldn’t make myself understood in English. (私は英語で自分の言うことを理解して貰えなかった)

He sat surrounded by his children. (彼は自分の子どもに囲まれて座っていた。)

I heard my name called from behind. (私は自分の名前が背後から呼ばれるのを耳にした。)

I’m sorry to have kept you waiting. (あなたを待たせてごめんなさい。)

I heard my name called. (私は自分の名前が呼ばれるのを耳にした。)

I had my teeth checked at the dentist. (私は歯医者で歯を診てもらった。)

【問題演習】

(1)Bill looked at the (   ) child. (ビルは眠っている子供をみた)

①slept ②sleeping ③to sleep ④sleep

(2)(   ) is handy when you want to add some flavor to the meal you’re cooking. (乾燥ニンニクは調理している料理に味わいを加えたいときに便利だ)

①Dried garlic ②Dryin garlic ③Garlic dried ④Garlic which in drying

(3)The (   ) leaves were piled up under the tree. (落ち葉が木の根元に積み上げられていた)

①falling ②fell ③fallen ④felt

(4)The passengers (   ) from Paris to Sydney must go to the tansit area in Terminal A as soon as possible. (パリからシドニーへ行く乗客は、できるだけ速やかにターミナルAの乗り継ぎエリアに行かなければならない)

①are traveling ②travel ③traveled ④traveling

02 感情動詞の分詞

日本語と英語の感情表現の違いに注目して行くと、日本語では「驚き」「興奮」と言った感情は内から起こってくるものと考えるのに対して、英語では、感情はひとりでに起こるものではなく外から刺激されて起こるものと考えます。感情はひとりでに起こるものではなくて,外から刺激されて起こるものと捉えているわけですね。
いる。

(1)驚き系

surprise (驚かせる), amaze (驚かせる),shock (ショックを与える),astonish(驚かせる)

例文も挙げておきましょう。

Her news was very surprising to me. (彼女のニュースは、私にはとても驚きだった)

I’m still surprised you were able to do that. (あなたにそんなことができたなんて、今考えても驚きです。)

My stubbornness amazed even me. (自分の頑固さに我ながらあきれた。)

I’m always shocked to find myself sitting alone on the train or bus when so many people are standing. (たくさんの人々が立っている電車やバスの中で、いつも私一人が座っていることに気付くとき、私はショックを受けます)

His shouting astonished everyone at the meeting. (彼の叫び声に会議に出ていた皆が驚いた。)

(2)プラス系

excite (興奮させる), please (喜ばせる),interest (興味を与える), relieve(安心させる)、delight(喜ばせる)

The movie was exciting to me. (その映画を観て、私は興奮した)

She finds it exciting to make discoveries and find new ways to solve scientific challenges. (彼女は、発見をしたり、科学的課題を解決する新しい方法を見つけることに、ワクワクしています。)

Was your daughter excited throughout the band’s whole performance? (あなたの娘は、そのバンドの演奏中ずっと興奮していましたか?)

You’ll be pleased to know this. (このことを知ったらあなたは喜ぶと思いますよ。)

He tried to explain why the subject interested him. (彼は、なぜその主題に興味を引かれたかを説明しようとした。)

I’m relieved to hear that. (それを聞いて安心[ホッと]しました。)

He delighted his mother by inviting her to his concert. (彼は自身のコンサートに母親を招待して、彼女を心から喜ばせた。)

(3)マイナス系

disappoint (失望させる), bore (退屈させる), tire(疲れさせる), exhaust(疲れさせる)

そして、名詞が感情を引き起こす原因にあたる場合は現在分詞にし、名詞が感情を抱く主体の場合には過去分詞にします。例文で確認しましょう。

The news was surprising. (その知らせは驚くようなものだった。)⇒名詞が感情を引き起こす原因となっている

I was surprised at the news. (私はその知らせに驚いた。)⇒名詞が感情を抱く主体となっている

下記に感情他動詞の一覧をリストアップしておきます。

❒amuse 「楽しませる」
❒interest 「興味を持たせる」
❒excite 「ワクワクさせる」
❒thrill 「ワクワクさせる」
❒entertain 「楽しませる」
❒delight 「喜ばせる」 ※ delightful(delighting の代用)
❒please 「喜ばせる」 ※ pleasant(pleasing の代用)
❒satisfy 「満足させる」 ※ satisfactory(satisfying の代用)
❒relieve 「安心させる」
❒relax 「リラックスさせる」
❒move 「感動させる」 ※心を「動かす」
❒touch 「感動させる」 ※心に「触れる」
❒impress 「印象を与える」 ※ impressive(impressing の代用)
❒strike 「印象を与える」 ※プラスイメージとは限らない
❒fascinate 「うっとりさせる」
❒enchant 「うっとりさせる」
❒absorb 「夢中にさせる」
❒charm 「夢中にさせる」
❒involve 「夢中にさせる」
❒engross 「夢中にさせる」
❒lose 「夢中にさせる」
❒indulge 「夢中にさせる」
❒engage 「没頭させる」
❒attract 「興味を引く」 ※ attractive「魅力的な」at + tract
❒surprise 「驚かせる」
❒amaze 「驚かせる」 ※プラスイメージ
❒astonish 「驚かせる」
❒bore 「退屈させる」
❒tire 「疲れさせる」
❒exhaust 「疲れさせる」
❒embarrass 「恥ずかしがらせる」 ※「顔赤っ!」ってイメージ
❒confuse 「混乱させる」
❒depress 「がっかりさせる」
❒disappoint 「がっかりさせる」
❒discourage 「がっかりさせる」
❒disgust 「うんざりさせる」
❒annoy 「イライラさせる」
❒irritate 「イライラさせる」
❒offend 「不快にさせる・怒らせる」 ※ offensive(offending の代用)
❒upset 「ろうばいさせる・むしゃくしゃさせる」
❒dismay 「ろうばいさせる」
❒perplex 「ろうばいさせる」
❒bewilder 「ろうばいさせる」
❒shock 「ショックを与える」
❒humiliate 「恥をかかせる」 ※原義は「humble(控えめな・低い)状態にする」
❒hurt 「傷つける」 ※体や心を「傷つける」
❒injure 「傷つける」 ※体を「傷つける」
❒wound 「傷つける」 ※体を「傷つける」
❒scare 「怖がらせる」 ※ scary(scaring の代用)
❒frighten 「怖がらせる」
❒terrify 「怖がらせる」 ※ terrible(terrifying の代用)
❒horrify 「怖がらせる」 ※ horrible(horrifying の代用)
❒alarm 「心配させる」

03 付帯状況の with

with の後ろに O, C と二つ文の要素をおいて、文の後ろにある状況を付帯させることを言います。基本の解釈は、with O C「O を C した状態で」となりますが、柔軟に訳出する工夫も必要です。また、C には、現在分詞・過去分詞・形容詞などが来ました、O との関係で、能動なら現在分詞を、受動なら過去分詞と、使い分ける必要があります。形容詞は、一部の特定の表現に限られているので、それをおさえましょう。

O と C が能動関係は現在分詞で” I left the car with its engine running.”(私はエンジンをかけっぱなしにして車を離れた。)となり、
O と C が受動関係は過去分詞で” A strange man stood at the door with his arms folded.”(見知らぬ男が、腕を組んだままドアの所に立っていた。)となります。早速、例文で確認してみましょう。

She sat on a bench with her eyes closed. (彼女は目を閉じたままベンチに座っていた)

My father often thinks with his eyes closed. (父は、よく目を閉じたまま考え事をする。)

She sat on the chair with her legs crossed. (彼女はその椅子に足を組んで座っていた。)

*with one’s eyes closed = 目を閉じたままで、with one’s arms folded = 腕を組んだままで、with one’s legs crossed = 足を組んだままで、となります。

Don’t speak with your mouth full. (口にものを入れて話してはいけない。)

Some companies are faced with growing costs of production. (会社の中には、増大する生産コストに直面しているものもある)

I can’t sing a song with you standing there. (私はあなたがそこに立った状況では歌を歌えない。)

He lay on the floor with his leg broken. (彼は足を骨折して床に横になっていた。)

The student was sleeping with his textbook opened. (その生徒は教科書を開いたまま眠っていた。)

The cat was watching me with its tail shaking. (そのネコは尻尾を揺らしながら私を見ていた。)

付帯状況の全パターンを下記にまとめておきます。

Donʼt speak with your mouth full. (ものを食べながら話をするな。)⇒ C が形容詞

She spoke with tears in her eyes. (彼女は目に涙を浮かべて話した。)⇒ C が前置詞句

Jun stood there with his hat on. (ジュンは帽子をかぶってそこに立っていた。)⇒※ C が副詞

He stood there with his eyes shining.(彼は目を輝かせてそこに立っていた。)⇒※ C が現在分詞

He stood there with his eyes closed. (彼は目を閉じてそこに立っていた。)⇒※ C が過去分詞

04 問題演習

では、簡単な問題演習を通じて確認していきましょう。

The passengers (   ) from Paris to Sydney must go to the transit area in Terminal A as soon as posibble. (パリからシドニーに行く乗客は、できるだけ速やかにターミナルAの乗り継ぎエリアへ行かなければならない)

(1) are traveling (2) travel (3) traveled (4) traveling

The exam (   ) to students in reading class was too hard. (購読の授業で生徒たちに課された試験はあまりにも難しすぎた)

(1) giving (2) given (3) wich gave (4) that given

A quartet of British adults walk for less than ten minutes a day, including time (    ) walking to their cars. (イギリスの成人の1/4は、自分の車のところまで歩くのにかかる時間を含めても、一日10分未満しか歩かない)

(1) spent (2) spend (3) spending (4) be spend

They are very proud of (   ) students of that college. (彼らはその大学の学生であることをとても誇りに思っている)

(1)being(2)to be(3)being not(4)not to be

Doesn’t Betty’s mother complain about (   ) every night? (ベティのお母さんは君が毎晩ベティに電話することについて文句を言わないかい?)

(1)for your calling her up(2)that you call her up(3)you call her up(4)your calling her up

The mother insisted on her children (   ) in the park after dark. (その母親は、子供たちが暗くなってから公園で遊ばないように強く主張した)

(1)not playing(2)not to play(3)having not to play(4)not to have played

I do not like (   ) those things by him in such a rude manner. (私はあのようなことを、彼にあんな失礼な態度で言われるのは好きではない)

(1)being told(2)having told(3)telling(4)to tell

Nobody dreamed ( ) of such a beautiful lake there. (誰もそこにそれほど美しい湖があるとは、夢にも思わなかった)

(1)it to be(2)of there being(3)there being(4)to be

I don’t mind leaving at six o’clock : (   ) up early. (六時に出発するのは気にならないよ。早く起きるのには慣れているから)

(1)I used to getting(2)I was used to get(3)I’m used to get(4)I’m used to getting

She felt (   ) by her parent’s kind words. (彼女は両親の優しい言葉に励まされたと感じた)

(1)to encourage (2)encouraged(3)encouraging(4)encourage

I was shocked to find that someone had left the water (   ) in the upstairs bathtub. (誰かが上の階の風呂の水を出しっぱなしにしていたのが分かって、私はショックだった)

(1)ran(2)run(3)running(4)is running

She kept me (   ) for half an hour at the station. (彼女は駅で私を30分待たせた)

(1)to wait(2)wait(3)waiting(4)waited

I asked her to keep me (   ) of any new developments in the matter. (私は彼女に、その件で何か新たな展開があったら逐次知らせてくれるよう頼んだ)

(1)informing(2)to inform(3)informed(4)information

Because of the noise, I could not make myself (   ). (騒音のせいで、私の話すことは聞いて貰えなかった)

(1)listen(2)listening(3)heard(4)hearing

Can you make yourself (   ) in English. (あなたは英語で十分に用が足せますか)

(1)understand well(2)well understood(3)to be understood(4)to understand

正確は、(4),(2),(1),(1),(4),(1),(1).(2),(4),(2),(3),(3),(3),(3),(2)となる。

英文法講義~大学受験・高校受験に使える(12)

武蔵野個別指導塾ロゴ1600 x 1200 px 《武蔵境駅徒歩30秒》武蔵野個別指導塾

武蔵野個別指導塾・武蔵境唯一の完全個別指導型学習塾

武蔵境・東小金井・武蔵小金井の完全個別指導型学習塾「武蔵野個別指導塾」の教育理念

【監修者】 宮川涼
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻修士号修了、同大学大学院同専攻博士課程中退。日本倫理学会員。元MENSA会員。早稲田大学大学院文学研究科にてカント哲学を専攻する傍ら、精神分析学、スポーツ科学、文学、心理学など幅広く研究に携わっている。一橋大学大学院にてイギリス史の研究も行っている。

TOPに戻る

個別指導塾のススメ

小学生コース

中学生コース

高校生コース

浪人生コース

大学院入試コース

社会人コース(TOEIC対策)

英検準1級はコストパフォーマンスが高い

英文法特講(英語から繋げる本物の教養)

東大合格は難しくない

歴史学とはなにか?ー東大・京大・早慶上智を狙う人のための歴史学

英語を学ぶということ

英文法講座

英検があれば200~20倍楽に早慶・GMRCHに合格できる

総合型選抜や学校型推薦入試、私立高校の単願推薦やスポーツ推薦で勝つ面接力

現代文には解き方がある

共通テストや国立の記述テストで満点を取る日本史

共通テストで満点を取るための世界史

武蔵境駅徒歩1分武蔵野個別指導塾の特徴

サードステーションの必要性

完全個別指導塾とは何か

中学校の内申点の上げ方の秘訣

中学生の定期試験対策

学年別指導コース

テストの解き方のコツ(中学校受験・高校受験・大学受験)

得する中学受験

中学受験に向いている子の特徴

中学受験をするべきか?それともしない方がいいのか

難関・有名校への中学受験もお任せください

受験期に伸びる子トップ10~武蔵境で学ぶ、豊かな武蔵野市で育つ

小5や小6からでも中学校受験で合格できる

中学受験をはじめるベストなタイミング

高校入試を始めるベストなタイミング

宿題をやる意味とその前提について

限りある時間の使い方~時間管理を制するものは受験を制する

良い塾の条件とは~武蔵境で塾を探すためのヒント

社会=暗記という常識はもう古い!知識だけでは通用しない社会の問題(麻布中学校の社会の入試問題より)

算数(数学)の成績が伸びない子の勉強法TOP3

数学が嫌いになる生徒の特徴とその理由

意外と楽しい微分と積分

どうしたら我が子に数学を得意になってもらうか?

中学受験で大事な算数で点数をアップするための勉強法

偏差値が低い生徒が成績を上げる勉強法

99%の人が誤解している国語の勉強法

高校受験や大学受験ためのイギリス史概略

今なぜ哲学が必要なのか?~大学受験や高校受験、中学受験の新傾向

有名大学に入学するための勉強をすることは時給3万円のバイトをするようなもの

塾選びのありがちな誤解TOP6

中学受験を通じて養われる力:教育学の視点から

京都の歴史~破壊と再生の1200年史大学受験日本史・高校受験社会・中学受験社会特別講義)

中学受験、高校受験、大学受験、大学院入試に留まらず社会で生きていく上で役立つ民法

高校受験をするなら知っておくべき5つのこと

保護者が知っておくべき令和の中学受験

イギリス現代史入門(大学受験のための世界史特別講義)

『走れメロス』とカントの倫理学の核心ダイジェスト版

共通テスト現代文や倫理に生かせる西洋哲学史(1)

人生はマンガから学んできた

武蔵境おすすめの塾・個別指導塾・学習塾

三鷹駅おすすめの塾・個別指導塾・学習塾

東小金井おすすめの塾・個別指導塾・学習塾

多磨駅おすすめの塾・個別指導塾・学習塾

大学入試の過去問を通して学ぶ日本(日本史編)~中学受験・高校受験・大学受験にも役立つ

英文法講義~大学受験・高校受験に使える(目次)

立川の溶岩ホットヨガスタジオのオンザショア

author avatar
ryomiyagawa
早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻修士号修了、同大学大学院同専攻博士課程中退。日本倫理学会員 早稲田大学大学院文学研究科にてカント哲学を専攻する傍ら、精神分析学、スポーツ科学、文学、心理学など幅広く研究に携わっている。
PAGE TOP
お電話